ふうてんしょうちく2

独学者のための易経解説
トップページへリンク 易の基本へリンク 64卦解説へリンク 占例集へリンク

風天小畜 二爻

ふうてんしょうちく にこう
まずは、やさしい解説から

━━━
━━━
━  ━
━━━
━━━○
━━━

<爻辞>
「牽かれて復る吉」

<読み方> 
ひかれて かえる きち。

<爻辞の意味>
「正しいものに連れられて、自分の正しい道に引き返す。吉」

「小さいものが大きいものを止める」ことについて色々と説いたのが、風天小畜の卦(か)です。

その風天小畜の卦において、この二爻は、正しいものと連れ立つようにして自分の守るべき道に戻ります。

そのようにして正しい道を失わないので吉を得られます。





「占った事柄」と「上記の説明」を、スライドガラスを2枚重ね合わせるようにして解釈してみて下さい。

また、下へスクロールすると
「加藤大岳述 易学大講座」の要約もお読みになれますので、ぜひ理解を深めてください。





加藤大岳述 風天小畜 二爻

<説明の要点>

「牽かれて」というのは、何に牽かれるのかというと、初爻のことです。

初爻は、「進めないのを知って止まった」とありましたが、二爻も本来は陽の性のまま進もうとしましたが初爻が自ら復るのに牽き連れられて同じように立ち戻る。

この爻は、中道を得ているので素直に立ち戻るのです。

爻変は離です。

離をもって明らかとしますので、みだりに進んで己を失うようなこともありません。

加藤大岳述 易学大講座 現代語要訳)



風天小畜 三爻へ進む ⇒