乾為天(けんいてん)本卦

独学者のための易経解説
トップページへリンク 易の基本へリンク 64卦解説へリンク 占例集へリンク


乾為天 本卦

けんいてん ほんか



乾為天 本卦の解説

━━━
━━━ 主爻
━━━
━━━
━━━
━━━

<卦辞>
「乾は元ひに亨る、貞に利し」
<読み方>
けんは、おおいにとおる、ていによろし

<説明の要点>

乾為天は、すべて陽爻(-)が並んだ卦であり、乾を二つ重ねた八純卦です。

乾為天の彖辞の中には、「元」「亨」「貞」「利」の四文字が含まれます。

孔子の作と言われている「文言伝」の中には、この四文字をもって乾の四徳とし、それぞれの文字は次のような意味を持ちます。


乾というのは、君子や貴人としますので、上記の四徳を備えているとします。

ですから乾を二つ重ねた乾為天は、「元亨貞利」と説明されたのです。

そして更に「乾は剛健にして進んで止まないのだから物事は通達する。
しかし常に正しい道を行くべきだ」と言っています。

加藤大岳述 易学大講座 現代語要訳)