らいふうこう2

独学者のための易経解説
トップページへリンク 易の基本へリンク 64卦解説へリンク 占例集へリンク

雷風恒 二爻

らいふうこう にこう
まずは、やさしい解説から

━  ━
━  ━
━━━
━━━
━━━○
━  ━

<爻辞>
「悔い亡ぶ」

<読み方> 
くい ほろぶ。

<爻辞の意味>
「悔いがなくなる」

「雷風恒」とは「久しく変わらない」ことを説いた卦(か)です。

そんな中この二爻は「久しく変わらない・継続していく」などといったことにおいて正しい道から外れない者です。

ですので悔いるようなことは、なくなってしまうと言っています。





「占った事柄」と「上記の説明」を、スライドガラスを2枚重ね合わせるようにして解釈してみて下さい。

また、下へスクロールすると
「加藤大岳述 易学大講座」の要約もお読みになれますので、ぜひ理解を深めてください。





加藤大岳述 雷風恒 二爻

<説明の要点>

恒はその事が、中にあってしかも正しさをもって亨るとします。

しかしこの爻は、陽をもって陰位に居て正しくないため、悔いを
生ずべきところがあります。

しかし、この爻は中を得ているので、過剛の失を補うことができ、
遂に悔いを消滅させます。

それが「悔い亡ぶ」なのです。

加藤大岳述 易学大講座 現代語要訳)


雷風恒 三爻へ進む ⇒