らいふうこう4

独学者のための易経解説
トップページへリンク 易の基本へリンク 64卦解説へリンク 占例集へリンク

雷風恒 四爻

らいふうこう よんこう
まずは、やさしい解説から

━  ━
━  ━
━━━○
━━━
━━━
━  ━

<爻辞>
「田して禽なし」

<読み方> 
かりして きんなし。

<爻辞の意味>
「狩りに出たが獲物がいない」

「雷風恒」とは「久しく変わらない」ことを説いた卦(か)です。

そんな中この四爻は、狩りに出たけれども獲物がいない……それなのに狩りの場所を変更しようとしません。

この四爻は「久しく変わらないこと」に(悪い意味で)陥っているのです。

良くない状態であるまま「久しく変わらない」のは、正しい道とは言えません。





「占った事柄」と「上記の説明」を、スライドガラスを2枚重ね合わせるようにして解釈してみて下さい。

また、下へスクロールすると
「加藤大岳述 易学大講座」の要約もお読みになれますので、ぜひ理解を深めてください。





加藤大岳述 雷風恒 四爻

<説明の要点>

雷をもって奮動とします。

これは、恒を守るため奮励するのに用いるべき外卦の卦徳です。

しかし、初爻が陰で陽位にいる不正から恒の道に適わなかったように、この爻も陽で陰位におり不正にしてかつ、中も得ていないため、なすことがまるで適合しない。

それはちょうど獲物のいないところで狩りをするようなものだと言うのです。

加藤大岳述 易学大講座 現代語要訳)


雷風恒 五爻へ進む ⇒