らいてんたいそう2

独学者のための易経解説
トップページへリンク 易の基本へリンク 64卦解説へリンク 占例集へリンク

雷天大壮 二爻

らいてんたいそう にこう
まずは、やさしい解説から

━  ━
━  ━
━━━
━━━
━━━○
━━━

〈爻辞〉   
「貞なれば吉」

〈読み方〉  
ていなれば きつ。

<爻辞の意味>
「勢いが付き過ぎることなく吉」

「雷天大壮」とは「大いに盛ん」であることについて説かれた卦(か)です。

そんな中この二爻は「盛んに過ぎる」ことなく「行き過ぎる」ことなく、程よい勢いを保てる者です。

そうした正しさ・バランスを持っているため、物事が上手くいき、吉だと言っています。





「占った事柄」と「上記の説明」を、スライドガラスを2枚重ね合わせるようにして解釈してみて下さい。

また、下へスクロールすると
「加藤大岳述 易学大講座」の要約もお読みになれますので、ぜひ理解を深めてください。





加藤大岳述 雷天大壮 二爻

<説明の要点>

壮盛のままに暴進の悔いを作りがちな大壮の時にあって、この爻は本卦で「貞に利ろし」となっていた、その教えに適う者で、よく吉を保つことができます。

それは初爻と同じように陽爻であるが、陰位にいるため進むことを専らとはしません。

しかも中を得ているので、大壮にしてよろしきを得られるのです。

加藤大岳述 易学大講座 現代語要訳)


雷天大壮 三爻へ進む ⇒