らいちよ初

独学者のための易経解説
トップページへリンク 易の基本へリンク 64卦解説へリンク 占例集へリンク

雷地予 初爻

らいちよ しょこう
まずは、やさしい解説から

━  ━
━  ━
━━━
━  ━
━  ━
━  ━○

<爻辞>  
「鳴予、凶」

<読み方> 
めいよ、きょう。

<爻辞の意味>
「人の恩恵により悦び楽しむ。凶」

「雷地予」は「悦び楽しむ」ことについて説かれた卦(か)です。

この初爻は、自分自身には力がないけれども、才能ある者の恩恵にて自分も良い思いをしたり楽しい思いをしたりすることができる爻です。

にもかかわらず得意になって驕り昂ったりするところがあります。

そのような悦び楽しみは、必ず行き詰るところがでてくるとされています。





「占った事柄」と「上記の説明」を、スライドガラスを2枚重ね合わせるようにして解釈してみて下さい。

また、下へスクロールすると
「加藤大岳述 易学大講座」の要約もお読みになれますので、ぜひ理解を深めてください。





加藤大岳述 雷地予 初爻

<説明の要点>

「鳴予」とは、自分に悦びの根底がなくて、人に習って悦ぶことです。

自分に楽しむことがなく、人の楽しみを見て、これにへつらい、自分も悦び怠ることなど面白くないので、これは凶です。

それは永続すべきものではなく、間もなく消えてしまうものであることは言うまでもありません。

加藤大岳述 易学大講座 現代語要訳)



雷地予 二爻へ進む ⇒