すいざんけん3

独学者のための易経解説
トップページへリンク 易の基本へリンク 64卦解説へリンク 占例集へリンク

水山蹇 三爻

すいざんけん 三爻
まずは、やさしい解説から
━  ━
━━━
━  ━
━━━○
━  ━
━  ━

〈爻辞〉  
「往けば蹇み、來れば反る」
〈読み方〉 
いけば なやみ、きたれば かえる。

<爻辞の意味>
「進んでいけば困難に陥る。退けば安んずる」

水山蹇は「重なる困難に処する道」について説かれた卦(か)です。

そんな中この三爻は、このまま進んでいけば困難に陥ってしまいますが、もし引き返すなら、自分自身も安らかさを得て、それを喜ぶ人もいるとされています。





「占った事柄」と「上記の説明」を、スライドガラスを2枚重ね合わせるようにして解釈してみて下さい。

また、下へスクロールすると
「加藤大岳述 易学大講座」の要約もお読みになれますので、ぜひ理解を深めてください。





加藤大岳述 水山蹇 三爻

<説明の要点>

「往けば蹇み」は初爻の時と同じ意味です。

進めば険に陥って蹇まねばならいけれど、退き止まれば安んずるところを得るばかりでなく、内卦の二陰も主爻たる陽剛のこの爻を頼りとしているので、内に止まることを喜ぶのです。

「反る」とは「己の内に反る」……すなわち止まって外に出ない意味となります。

艮を身とし、その主爻が上にあるので、これを背に取り「その背に艮まる」意を生じ、三爻には己に反る象意があるわけなのです。

加藤大岳述 易学大講座 現代語要訳)


水山蹇 四爻へ進む ⇒