てんらいむもう4

独学者のための易経解説
トップページへリンク 易の基本へリンク 64卦解説へリンク 占例集へリンク

天雷无妄 四爻

てんらいむもう よんこう
まずは、やさしい解説から

━━━
━━━
━━━○
━  ━
━  ━
━━━

〈爻辞〉  
「貞にすべし。咎なし」

〈読み方〉 
ていにすべし。とがなし。

<爻辞の意味>
「正しい道をじっと守ってい居るべきだ。そうすれば咎めを受けることはない」

「天雷无妄」の卦(か)は「無私無欲・至誠真実」について説かれた卦です。

そんな中この四爻は、無私無欲にて、止まるべきところに止まっていることのできる者です。

進まず止まっていることにより、虚無感にさいなまれるようなこともありません。

このようであれば、咎めを受けるようなことはないと言っています。





「占った事柄」と「上記の説明」を、スライドガラスを2枚重ね合わせるようにして解釈してみて下さい。

また、下へスクロールすると
「加藤大岳述 易学大講座」の要約もお読みになれますので、ぜひ理解を深めてください。





加藤大岳述 天雷无妄 四爻

<説明の要点>

四爻も无妄の道に叶わぬ爻です。

无妄は本卦で「正に匪ざれば」とある程で、不正爻はみな「妄爻」と見ます。

陽爻ですから過剛に陥りやすい。

妄りに動き、妄りに進む恐れがあります。

ですから、固く己の分を守らなくてはなりません。

それが「貞にすべし」です。

加藤大岳述 易学大講座 現代語要訳)



天雷无妄 五爻へ進む ⇒