ちらいふく4

独学者のための易経解説
トップページへリンク 易の基本へリンク 64卦解説へリンク 占例集へリンク

地雷復 四爻

ちらいふく よんこう
まずは、やさしい解説から

━  ━
━  ━
━  ━○
━  ━
━  ━
━━━

〈爻辞〉  
「中行獨り復る」

〈読み方〉 
ちゅうこう ひとり かえる。

<爻辞の意味>
「(賢人からの指導、促しを受け)ひとり善なる道へかえる」

地雷復は「善にかえる道」について説かれた卦(か)です。

そんな中この四爻は、賢人に縁があるため、その指導・促しを受け、善なる道へかえることができる者です。





「占った事柄」と「上記の説明」を、スライドガラスを2枚重ね合わせるようにして解釈してみて下さい。

また、下へスクロールすると
「加藤大岳述 易学大講座」の要約もお読みになれますので、ぜひ理解を深めてください。





加藤大岳述 地雷復 四爻

<説明の要点>

四爻は陰位に陰でおり、また成卦主爻である初爻の正応です。

中行というのは普通に解釈すれば「行いあたる」ことで、陰をもって陰位にあり、その位が正しいように、正しい道に復る。

すなわち、復の時に中り、復の道に中っていると言えるでしょう。

また五陰中、この四爻のみが独り成卦主爻の正応となっているので、二爻が初爻に下ったように、この四爻も初爻に従って復の道に適うことができるのです。

ここで「道」と言っているのは、復の道を体得している初爻を指しています。

加藤大岳述 易学大講座 現代語要訳)



地雷復 五爻へ進む ⇒