ちらいふく5

独学者のための易経解説
トップページへリンク 易の基本へリンク 64卦解説へリンク 占例集へリンク

地雷復 五爻

ちらいふく ごこう
まずは、やさしい解説から

━  ━
━  ━○
━  ━
━  ━
━  ━
━━━

〈爻辞〉  
「復るに敦し。悔いなし」

〈読み方〉 
かえるに あつし。くいなし。

<爻辞の意味>
「道徳にあついので善なる道へかえる。後悔するようなことは起こらない」

地雷復は「善にかえる道」について説かれた卦(か)です。

そんな中この五爻は、大変素直で道徳にあついため、誰に指導・促されることなくても自ら善なる道へかえることができる者です。

そのようであるから、後悔するようなことは起きずに済むと言っています。





「占った事柄」と「上記の説明」を、スライドガラスを2枚重ね合わせるようにして解釈してみて下さい。

また、下へスクロールすると
「加藤大岳述 易学大講座」の要約もお読みになれますので、ぜひ理解を深めてください。





加藤大岳述 地雷復 五爻

<説明の要点>

「敦し」というのは、そのことに熟していることです。

地沢臨に「敦く臨む」とありましたし、艮為山には「艮まるに敦し」とあります。

そしてこの「復るに敦し」というと、復の道によく通じ、逸脱せずに善の道へ復ることです。

この卦の主卦の主爻の徳をよく備えているわけですが、しかし初爻の応でも比でもないため「初爻に下る」ことも「道に従う」こともできません。

ですから、よく復に中ることを自ら考え自ら努めて、悔いなきを得なくてはならないということです。

加藤大岳述 易学大講座 現代語要訳)



地雷復 上爻へ進む ⇒