ちたくりん2

独学者のための易経解説
トップページへリンク 易の基本へリンク 64卦解説へリンク 占例集へリンク

地沢臨 二爻

ちたくりん にこう
まずは、やさしい解説から

━  ━
━  ━
━  ━
━  ━
━━━○
━━━

〈爻辞〉 
「咸じて臨む。吉。利ろしからざる无し」

〈読み方〉 
かんじて のぞむ。きち。 よろしからざるなし。

<爻辞の意味>
「感じて臨む。吉。大変よろしい」

地沢臨の卦(か)は「高い所からのぞみ見る」ことについて説かれた卦です。

そんな中この二爻も、初爻と同様、道徳・才能の優れた者(そういう意味で高い所にいる者)です。

そんな二爻がやはり、自分のそうした力を世に役立てようと志すので吉だと言っています。

この二爻は、初爻とほとんど内容が似ているのですが、初爻よりもさらに優れた者であり吉意も強いです。





「占った事柄」と「上記の説明」を、スライドガラスを2枚重ね合わせるようにして解釈してみて下さい。

また、下へスクロールすると
「加藤大岳述 易学大講座」の要約もお読みになれますので、ぜひ理解を深めてください。





加藤大岳述 地沢臨 二爻

<説明の要点>

「咸じて臨む」は、初爻の場合と同じです。

しかし、初爻には「貞吉」とあったのに対し、この二爻の場合は無条件の吉を説いています。

それは、二爻は中を得ているからで「吉にして、利ろしからざるなし」なのです。

この臨の世にあって、君主のもとめに応じ、民衆の要望に応えて、泰平の世を招くため、その先達となってゆく爻だからです。

加藤大岳述 易学大講座 現代語要訳)



地沢臨 三爻へ進む ⇒