ちざんけん4

独学者のための易経解説
トップページへリンク 易の基本へリンク 64卦解説へリンク 占例集へリンク

地山謙 四爻

ちざんけん よんこう
まずは、やさしい解説から

━  ━
━  ━
━  ━○
━━━
━  ━
━  ━

<爻辞>  
「利ろしからざるなし。謙を撝く」

<読み方> 
よろしからざるなし。けんを まねく。

<爻辞の意味>
「大変よろしい。謙の徳を発揮する」

「地山謙」とは、謙遜するという意味の卦(か)です。

そんな中この四爻は、志が正しく、周囲のあらゆる者へ謙遜の姿勢で対応します。

そのようであるから大変よろしいと言っています。





「占った事柄」と「上記の説明」を、スライドガラスを2枚重ね合わせるようにして解釈してみて下さい。

また、下へスクロールすると
「加藤大岳述 易学大講座」の要約もお読みになれますので、ぜひ理解を深めてください。





加藤大岳述 地山謙 四爻

<説明の要点>

四爻は君側の陰位に陰で居る爻なので、自分を立てず、へりくだ
って下位にいる才知を、挙げ用いるというのです。

自分を軽んじ、他を引き立てるといった謙を行うもので、それが
「謙を撝く」です。

ここで招き薦められる下位の賢者は三爻を指しています。

まことに謙の則に違わず、事をなしてよろしい、効をいたすものと
言わなくてはなりません。

加藤大岳述 易学大講座 現代語要訳)



地山謙 五爻へ進む ⇒