ごんいさん4

独学者のための易経解説
トップページへリンク 易の基本へリンク 64卦解説へリンク 占例集へリンク

艮為山 四爻

ごんいさん よんこう
まずは、やさしい解説から

━━━
━  ━
━  ━○
━━━
━  ━
━  ━

<爻辞>
「其の身に艮まる。咎なし」

<読み方>
そのみに とどまる。とがなし。

<爻辞の意味>
「自分自身の体に止まる。咎められるような過失はない」

「艮為山」とは「止まる」ことについて説かれた卦(か)です。

そんな中この四爻は、自分自身が止まるべきところに止まっているという者です。

本来ならもっと大勢にその力を振るい、皆が止まるべき時に止まるよう影響力を持つべきかもしれません。

しかし、そうした面では力不足であり「自分一人が正しく止まる」ことを実践しています。

咎められるほどの過失はないと言っています。



「占った事柄」と「上記の説明」を、スライドガラスを2枚重ね合わせるようにして解釈してみて下さい。

また、下へスクロールすると
「加藤大岳述 易学大講座」の要約もお読みになれますので、ぜひ理解を深めてください。





加藤大岳述 艮為山 四爻

<説明の要点>

「其の身に艮まる」というのは、自分が止まるべきところに止まることです。

また、自分で引き止めることであって、五爻に接近するこの爻の場所から言えば、自分が止まり、他の不善を自分に止めるだけでは本当はダメなのですが、陰柔であるがゆえ、自ら止まって過ちを防ごうとします。

ですから、功なく、咎なきを得るところです。

この身というのは、欲望や意見などを代表する場所ですが、その働きによって欲するものを獲るのではなく、物を欲することを止めて、外にこれを出しません。

その身の欲する事を得させず、自分の心だけに止めておくという意味で、これも咎なきの所以です。

加藤大岳述 易学大講座 現代語要訳)


艮為山 五爻へ進む ⇒