すいちひ2

独学者のための易経解説
トップページへリンク 易の基本へリンク 64卦解説へリンク 占例集へリンク

水地比 二爻

すいちひ にこう
まずは、やさしい解説から

━  ━
━━━
━  ━
━  ━
━  ━○
━  ━

<爻辞>
「之れに比するに内よりす。貞吉」

<読み方>
これに ひするに うちよりす。ていきち。

<爻辞の意味>
「真心や正しさをもって自ら進んで相手と親しくするから吉」

親しむこと、助け合うことを説いたこの水地比の卦(か)において、この二爻は正しさと真心をもって、正しい相手と親しくすることができる爻です。

このようであれば吉を得られます。





「占った事柄」と「上記の説明」を、スライドガラスを2枚重ね合わせるようにして解釈してみて下さい。

また、下へスクロールすると
「加藤大岳述 易学大講座」の要約もお読みになれますので、ぜひ理解を深めてください。





加藤大岳述 水地比 二爻

<説明の要点>

この二爻は、五爻と応じています。

しかも五爻は、剛健中正で、比の主となるに最も相応しい爻であり、またこの二爻は柔順中正で、その相手として最上です。

このように非常に適した組み合わせであるので、その親しさもひとしおで、他に心を移すこともない。

五爻は外にあり、二爻は内にいて、二爻が内から親しみを求めるのですから貞にして吉なのです。

ただ一筋に迷うことなく五爻に親しむので、失うものもなく吉を得られるのです。

加藤大岳述 易学大講座 現代語要訳)



水地比 三爻へ進む ⇒