すいちひ3

独学者のための易経解説
トップページへリンク 易の基本へリンク 64卦解説へリンク 占例集へリンク

水地比 三爻

すいちひ さんこう
まずは、やさしい解説から

━  ━
━━━
━  ━
━  ━○
━  ━
━  ━

<爻辞>
「之に比するに人に匪ず」

<読み方>
これにひするに ひとに あらず。

<爻辞の意味>
「親しもうとする相手が悪人である」

親しむこと、助け合うことを説いたこの水地比の卦(か)において、この三爻は悪い者と親しもうとしています。

このようであれば凶を招き、災いに巻き込まれるので、反省し方向性を変えなくてなりません。

 





「占った事柄」と「上記の説明」を、スライドガラスを2枚重ね合わせるようにして解釈してみて下さい。

また、下へスクロールすると
「加藤大岳述 易学大講座」の要約もお読みになれますので、ぜひ理解を深めてください。





加藤大岳述 水地比 三爻

<説明の要点>

本卦のところに「後夫は凶」とあり、五爻のような正しい人と交わる際、偏屈や高慢なためぐずぐずしている奴は凶だとしました。

それはつまり、上爻のことを指すのですが、この三爻は、その上爻と応位にあるので、上爻に気をとられ主爻である五爻に親しみ従うべき時に、速やかに親しむことができません。

上爻というのは、国で言えば不服の臣であり、家で言えば不貞の女でしょうが、それを指して「人に匪ず=人非人」などという酷い辞がかけられているのです。

加藤大岳述 易学大講座 現代語要訳)



水地比 四爻へ進む ⇒