たくふうたいか3

独学者のための易経解説
トップページへリンク 易の基本へリンク 64卦解説へリンク 占例集へリンク

沢風大過 三爻

たくふうたいか さんこう
まずは、やさしい解説から

━  ━
━━━
━━━
━━━○
━━━
━  ━

〈爻辞〉  
「棟撓む。凶」

〈読み方〉
むなぎ たわむ。きょう。

<爻辞の意味>
「家の棟木が重すぎて、たわんでしまった。凶」

「沢風大過」とは「大いに過ぎる」ことについて説かれた卦(か)です。

そんな中この三爻は、家の棟木が重すぎて、下へ向かってたわんでしまったと言っています。

この状況をどうすることもできないので、間もなくこの家は壊れてしまうのでしょう。





「占った事柄」と「上記の説明」を、スライドガラスを2枚重ね合わせるようにして解釈してみて下さい。

また、下へスクロールすると
「加藤大岳述 易学大講座」の要約もお読みになれますので、ぜひ理解を深めてください。





加藤大岳述 沢風大過 三爻

<説明の要点>

三爻になってきますと、ここは非常に重量のかかって来る所ですから棟がグッとたわみます。

大過の最も大過らしいところで、凶の至りです。

この爻には、助けがありません。

陽で陽位におり、大過の危地にあるというのに、応爻の上爻は元来弱いもので全然頼りにならないし、下から支えてくれるものもないので一番良くないところなのです。

加藤大岳述 易学大講座 現代語要訳)



沢風大過 四爻へ進む ⇒