地水師二爻 ちすいし にこう

独学者のための易経解説
トップページへリンク 易の基本へリンク 64卦解説へリンク 占例集へリンク

地水師 二爻

ちすいし にこう
まずは、やさしい解説から

━  ━
━  ━
━  ━
━  ━
━━━○
━  ━

<爻辞>
「師、中に在り吉。咎なし。王三たび命を錫う」

<読み方>
し、ちゅうにあり きち。とがなし。おう みたび めいをたまう。

<爻辞の意味>
「戦の大将が優れた人物なので大きな功績をあげ、王より何度も命令やお褒めの言葉をたまわる」

この二爻は、強く正しい戦の大将です。

王からの信頼もあつく、兵を見事にまとめ上げ、乱賊を抑えるので世を平らげます。





「占った事柄」と「上記の説明」を、スライドガラスを2枚重ね合わせるようにして解釈してみて下さい。

また、下へスクロールすると
「加藤大岳述 易学大講座」の要約もお読みになれますので、ぜひ理解を深めてください。





加藤大岳述 地水師 二爻

<説明の要点>

この二爻は成卦主爻です。

剛健で、内卦の中で強く、しかも軍の道に中しているので、大将
の資格を充分に備えています。

三軍を率いて吉を得る爻です。

人が人を殺さなくてはならない戦の道に従っていながらも、道に
中している。戦争の中道を得ている。

だから勝利を得ることもできるし、王に見えて嘉賞も受けるし、
何回も命を承けることになるという意です。

加藤大岳述 易学大講座 現代語要訳)



地水師 三爻へ進む ⇒