ごんいさん初

独学者のための易経解説
トップページへリンク 易の基本へリンク 64卦解説へリンク 占例集へリンク

艮為山 初爻

ごんいさん しょこう
まずは、やさしい解説から

━━━
━  ━
━  ━
━━━
━  ━
━  ━○

<爻辞>
「其の趾に艮まる。咎なし。永貞に利ろし」

<読み方>
その あしに とどまる。とがなし。えいていに よろし。

<爻辞の意味>
「足が止まっている。咎められる過失はない。正しさを守り、ずっと動かずにいるのがよろしい」

「艮為山」とは「止まる」ことについて説かれた卦(か)です。

そんな中この初爻では「足が止まっている」と言っています。

止まるべき時に止まっているのだから、咎められるようなことはなく、その正しさをずっと保っていくべきだと言っています。





「占った事柄」と「上記の説明」を、スライドガラスを2枚重ね合わせるようにして解釈してみて下さい。

また、下へスクロールすると
「加藤大岳述 易学大講座」の要約もお読みになれますので、ぜひ理解を深めてください。





加藤大岳述 艮為山 初爻

<説明の要点>

これは最下位ですから、艮まることを趾に見ています。

そして陽位に陰でいるため、進むことに剛に過ぎることなく、また柔に過ぎて守るところを失う恐れもないので咎なきを得ます。

そのようにして、いつまでも貞く守って動かないのが良いというのです。

加藤大岳述 易学大講座 現代語要訳)


艮為山 二爻へ進む ⇒